アルギニンはほうれい線に効果なし?

MENU

アルギニンはほうれい線に効果なし?

アルギニンはほうれい線に効果なし?

アルギニンは、ほうれい線には効果がないのでしょうか。

 

アルギニンの効果について、みていきましょう。

 

 

アルギニンを摂取することで、アンチエイジングの効果があると言われています。

 

成長ホルモンの分泌を増やすことです。

成長ホルモンが増えるということは、細胞が新しくどんどんできるということです。つまり、新陳代謝がよくなるということです。新陳代謝がよくなれば、当然肌のターンオーバーも正常化されますから、肌の状態もよくなります。

 

よくなるというのは、ハリとツヤや弾力が戻ってくるということです。肌に充分なうるおいが与えられているという状態です。肌がぴんと張るなら、ほうれい線はなくなります。

 

アルギニンでほうれい線への効果が期待できるということです。

ほうれい線をなくすという効果を期待してアルギニンを摂取するなら、、毎日続けたほうが良いのです。また、アルギニンの量が少なくても、思うように改善されません。

 

奨励されているのは、1日3000mg以上のアルギニン量です。

 

アルギニンを摂取することでほうれい線が改善されるというのは、アンチエイジングをしたい女性には、うれしい効果といえるでしょう。ほうれい線がなくなれば、実年齢よりも見た目年齢が若くなります。

 

 

では、なぜほうれい線が出来てしまうのでしょうか?

ほうれい線の原因は?

アルギニンはほうれい線に効果なし?

ほうれい線というのは、鼻の下から口の両側あたりにできてしまう線のことです。

 

特に、ほうれい線がでてしまうと女性は実年齢よりも高くみられがちです。

 

そのために、スキンケアの中にはシワケアのひとつとして、ほうれい線をなくすということは、とても重要なことなのです。

 

では、どうしてほうれい線はできてしまうのでしょうか。

 

それは、ズバリ、たるみです。

 

年齢を重ねると、どうしても皮膚は弾力やハリが低下します。

そのため、頬がゆるんでくるのでほうれい線ができてしまうのです。また、顔の筋肉がおとろえることで、たるみがでて、ほうれい線ができてしまいます。

 

それから、顔の皮下脂肪が増えてしまうと、やはりほうれい線はでます。余分な脂肪がつくことで、支えきれなくなってしまうのです。

 

また、シワは肌が乾燥しているとでてきます。

水分や皮脂分が足りないと、シワがでますし、もちろんほうれい線もでます。
ほうれい線は、年齢を重ねていくとでてくるものもあります。ただ、肌の乾燥によるほうれい線は、年齢に関係なく、でてくるものです。

 

ほうれい線ができてしまう原因がわかると、ケアの方法もわかってきますね。

 

原因を取り除いてあげればよいのです。ほうれい線がなくなるということは、肌の状態もよくなっているということです。

 

アルギニンの豆知識についての関連ページ

 

アルギニンで基礎体温はどうなるの?

アルギニンが多い食品はコチラ!

アルギニンの効果は髪に出るの?

アルギニンの効果で肌はどうなるの?

ご利用ガイド