Lアルギニン5000プラスの副作用は?成分が安全なのか調べてみました!

MENU

Lアルギニン5000プラスの副作用は?成分が安全なのか調べてみました!

Lアルギニン5000プラスの副作用は?成分が安全なのか調べてみました!

 

Lアルギニン5000プラスに副作用があったら嫌ですよね。成分が安全なのか調べた結果を解説していきます。

 

Lアルギニン5000プラスには、次の成分が含まれています。

 

L-アルギニン

強いアルカリ性で、準必須アミノ酸です。
血流の改善効果もあるとされています。精力剤として知られています。

 

副作用・・・過剰摂取による下痢

 

L-シトルニン

アルギニンと一緒に摂ると、より効果があるといわれてます。精力剤の一種です。

 

副作用・・・なし

 

D-リボース

精力剤として知られているもので、主に疲労回復、運動能力のアップ、筋肉痛の緩和といった働きがあるとされています。

 

副作用・・・過剰摂取による下痢

 

ビタミンC(アスコルビン酸)

スキンケア製品にもはいっているものとして知られています。
抗酸化作用、コラーゲン生成の手助け、抗ストレスなどの効果が期待されているものです。

 

副作用・・・過剰摂取による下痢

 

ビタミンD3(コレカルシフェロール)

たんぱく質を作る手助け、糖尿病や生活習慣の予防、免疫力アップといった効果があるとされているものです。

 

副作用・・・なし

 

ビタミンE(酢酸トコフェノール)

ビタミンCと同じように、抗酸化作用があります。

 

副作用・・・なし

 

ビタミンB2(リボフラビン)

成長促進効果、生活習慣の予防、脂質をより分解する効果、粘膜や皮膚の健康維持といった効果です。

 

副作用・・・なし

 

ビタミンB3(ナイアシン)

血液循環を改善、生活習慣病の改善、スキンケア効果、があります。

 

副作用・・・なし

 

葉酸

赤血球の細胞の働き、細胞分裂をして成長する働き、といったことを助けてくれます。

 

副作用・・・食欲不振・吐き気

 

L-アルギニン5000プラスには、そのほかにもマグネシウム(硫酸マグネシウム)、マルトデキストリン、クエン酸、キシリトール、ナチュラルフレーバー、リンゴ酸、ステビア、ケイ酸カルシウム、二酸化ケイ素がはいっています。これらには副作用がなかったです。

 

調べた結果は、Lアルギニン5000プラス危険な成分は入っていませんでした。

 

Lアルギニン5000プラスは他の商品とどう違うの?

Lアルギニン5000プラスが、他の商品との違いを3つのポイントでまとめました。

 

Lアルギニン5000プラスを1杯飲むと、アルギニンが5000mgも摂取できます。

ほかの商品では、5000mgという高い摂取量は期待できません。
アルギニンの1日の摂取目標は、3000mg以上です。つまり、5000mgをLアルギニン5000プラスで摂取することで、アルギニンの効果が発揮できるということなのです。

 

Lアルギニン5000には、シトルリンほかの成分が含まれています。

Lアルギニンとシトルリンは、どちらも摂取することで、相乗効果が生まれます。
ほかに、Lアルギニンと一緒に摂取することで、より抗酸化作用が高まると言われている成分は、シトルリン、ビタミンC、ビタミンE、葉酸です。これらすべて、Lアルギニン5000プラスには含まれています。

 

アルギニンは中和されています。

アルギニンは、強いアルカリ性です。そのまま摂取すると、胃が痛くなるという障害が発生してしまいます。
Lアルギニン5000プラスは、クエン酸を加えて中和されています。
これで、安心して安全にLアルギニン5000プラスを毎日摂取できるのです。

 

Lアルギニン5000プラスは、以上の3点が他のアルギニンとは違います。
Lアルギニン5000プラスに副作用はなく、成分は安全でした。

 

Lアルギニン5000プラス口コミ│母・娘・息子が実際に飲んでみた!

ご利用ガイド