l-アルギニン5000プラスは就寝前が効果的なの?

MENU

l-アルギニン5000プラスは就寝前が効果的なの?

l-アルギニン5000プラスは就寝前が効果的なの?

 

l-アルギニン5000プラスを飲むときは、就寝前が効果的、と確かに言われています。

 

 

アルギニンは、新陳代謝をアップしたり、血行の流れを良くしたりという働きがあります。新陳代謝というかカロリー消費は、寝ている間が一番消費するのです。

 

アルギニンの成分は寝ている間に疲労回復します。

その疲労回復を助けてくれるのがアルギニンという成分です。つまり、アルギニンの効果を最大限に発揮するのは寝ている間の活動ともいえるのです。なので、l-アルギニン5000プラスを飲むのは、就寝前がいい、というわけです。

 

人は、眠っている間には、起きている時にはできない働きをします。

肌の再生やリラックスすることも、寝ている間にできる重要な活動です。他にも、寝ている間だからできる働きがいろいろあります。その働き、特に代謝を上げるということがl-アルギニン5000プラスの大きな効果です。

 

効果を最大限に発揮してもらうには、寝る前にl-アルギニン5000プラスを飲むということにつながります。

 

l-アルギニン5000プラスは、付属のスプーン1杯を、180〜240CCの水に溶いて飲みましょう。1日1回でよいのです。規定量以上に摂りすぎると、身体のトラブルの元です。決められた分量以内で飲むことが大切です。

 

l-アルギニン5000プラスを摂取した時の理想的な就寝時間は?

l-アルギニン5000プラスを摂取した時の理想的な就寝時間について、考えてみましょう。アルギニンは、成長ホルモンを促進させるという効果が期待されています。成長ホルモンが多く分泌されると、骨が伸びて身長が伸びるというわけです。

 

身長が伸びるのは夜寝ている時です。

中学生や高校生で、寝ている時に骨が伸びて音を立てているというのが自分でわかるという人もいるそうです。夏休みの間に身長が伸びて、新学期が始まった時に、クラスメートにびっくりされるパターンですね。

 

アルギニンの効果をしっかり高めるには、睡眠時間は7時間から8時間です。

 

また、肌にとってもしっかり寝たほうが再生されるのです。睡眠時間8時間なら、朝8時に起きるなら夜中の12時には寝たいですね。朝6時に起きるなら、夜の10時には眠らないといけません。

 

夜の方が目が覚めるからといって、朝9時に寝て夕方の4時や5時に起きるのはオススメできません。太陽の光を浴びて生活することも必要だからです。そして、夜はやはり体を休めるのが、人の生活として大切です。

 

l-アルギニン5000プラスを摂取した後は、夜10時には寝たいです。遅くても、日付が変わる前には寝るようにしましょう。

 

 

 Lアルギニン5000プラス 口コミ

 

ご利用ガイド